表現者の皆さんへ

 

パフォーマンス向上のために

 

 

 

 

 

 




【講師の選び方】

ケガをしたからこそ、声が出なくなったからこそ、身体の使い方を真剣に考える、そんなダンサーやシンガーも多いと思います。でも日常に習慣化できるトレーニングでないとなかなか継続できない。ですから、日常的にできる地味だけど効くことを教えてくれる先生を選んでくださいね。

 

【パフォーマーが、けがやアクシデントを防ぐために】

踊ってる歌ってるというような特別なことをしている人は、身体を温めることが何よりも大事です。いきなり行っていきなり踊る、いきなり歌うなどするとけがやアクシデントを引き起こしやすくなります。常日頃から余裕のある時間配分で動きましょう

 

【お稽古場に早く来ている人は、必ず上達します】

すべての習い事、レッスン、リハーサルを通じて同じことが言えます。身体だけではなく、メンタル面でもお稽古場やレッスン室には早く入って心身をニュートラルに整えましょう。その後のトレーニングやリハーサル時間の充実が全く違います。

 

【寒さは禁物】

寒い時期は気圧がさがり空気が重くなります。身体の外も中も縮みます。耳もノドも縮むんです。首や手首、ふくらはぎや足首などを冷房や寒気から常に守る工夫を生活に取り入れましょう。同時におしゃれも楽しめばセンスも磨きがかかりますね。

 

【シンガーでもサウナスーツ】

夜の移動などが多い役者やシンガーの皆さんに、通気性の良いサウナスーツをおススメします。かなり寒気を防いでくれますし、すぐさま動けます、ウェアにわざわざ着替えなくても動けます荷物が少なくて済みますね。ただし、脱着が簡単で通気性が良いものにしてくださいね。

 

【ため息が出る日は思い切って稽古を休みましょう】

嘘も方便です、「仕事が終わらない」で、いいじゃないですか。誰も傷つかないしあなたも身体が楽です。疲れている日はパフォーマンスも悪くなり、あなたは余計に自信を失う恐れがあります。そういう時は思い切って稽古を休みましょう。

 

【マッサージを習慣にしましょう】

電車の中で、勤務中に、学校で、どこでもできるセルフマッサージを習慣にしましょう。ぎりぎりでお稽古に飛び込む日でも、移動中に心身を整えて移動すれば、心構えが整うのでかなり違います。パフォーマーならば1つのツボでも覚えておくとよいわけです。

 

【足元に注意】

御稽古場、舞台上、パフォーマンスする場所、どこであっても床の状態はかならず身体全体に負担をかけます。できるだけクッションの良い靴を通常から選んだり、レッスン用のシューズの履き心地に注意しましょう。それだけでも身体のメンテナンスが楽になります。

 

【クールダウンは必ず!】

お稽古の後、レッスンの後、本番の後、ストレッチやリリースは表現者であれば必ず行いたい大切なことです。また、痛めている場所があれば、すぐクールダウンさせましょう。「あとで」ではなく、「すぐに」対応できると明日が変わります。

 

【ストレッチをする上での注意点】

・暖かいところでやる

・反動はつけない

・呼吸を止めない

・人と比べない

・意識して行う

・肩の力を抜く

・1か所90秒が目安

力づくで行わないで心地よさを感じてくださいね



【呼吸コントロールで良い発声】

役者や歌手は大きく長い発声ができるよう腹式呼吸を使いますが、横隔膜を使う胸式呼吸も感覚できるようになると、呼吸そのもののコントロールにつながり、最後のひと声までかすれることなく発声できるようになります。