「愛される女性になるために」


人間関係というのは、たとえば夫婦や親子という小さな単位から始まり、学校や会社、地域社会などへと大きく広がっていくものです。

しかしながら、どのような単位の関係であっても、その関係性においては、いつも爽やかで善い関係を保つということをお互いが認識し心にとめて行動しなければならないものです。

特に、女性は男性とは違う独特の物腰の柔らかさや母性というようなものを持っていますから、関係性を円滑に保つプロでなければならないと私は考えています。でも、これが男尊女卑的な考えとは違うこともご理解くださいね。

女性は愛されるべき存在だという自覚をもったほうが幸福だと、経験上思うのです。

女性である。ということは素晴らしいことです。女らしいとはどういうことだろう?そう考えますと、それは、自分の周辺にいる人を勇気づけ輝かせてあげられる人のことではないかと思うのです。
外面の美しさだけではなく、その女性の夫や子供や友人や両親や上司や仲間たちが、一緒にいると心地よいと感じられる人であろうとすることが内面の美しさではないかと思ったりもします。

仕事柄、たくさんの前向きな女性たちに会うわけですが、彼女たちに共通しているのは、「幸福は与えられるようなものではなく、忍耐強く丁寧に段取りよく日々を大切にしつつ生み出すもの」という感覚です。

仕事と家事・育児に追われるような毎日でも、1日5分だけでも自分を大切にする、家族に感謝する、仲間を労う、そのような時間作りを努力して積み重ねることで、1年後・3年後・10年後の自分が変化していくのです。

≪現在の貴女は、貴女の行動が創りだした貴女です≫

しかしながら、ということは、変えられるのです・・・

今日から、愛される女性に変化する時間を1日5分作るという覚悟さえできれば、1年後の貴女は確実に変化します。

≪愛される女性になるために≫

 
*爽やかに、いきいきとした笑顔でいましょう
*悩みを家から外に持ち出さないこと
*家族や同僚との協調性を大切にすること
*他者を批判したり、悪口を口にしない
*おはよう・ありがとうなどの挨拶を忘れないこと
*有言実行の人であること
*美しい言葉・美しい日本語を大切にすること


最後に、感情的になるのは仕方がないことですが、感情を吐露する行為は慎むことを心がけましょう。公開するのは貴女自身です。

精神的に幸福で満ちた愛される女性になるために、身体と心のトレーニングを1日5分続けましょうね